アジは春先から夏にかけて旬の魚ですが、健康にとってよい成分が沢山含まれています。

それでは一体どんな成分が含まれていて、それが健康にどういった影響を与えているのでしょうか?

なびちゃん
青魚は体に良いんだよね
スポンサードリンク

アジに含まれる成分

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンE
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • タウリン
  • カリウム
  • カルシウム
特にタウリンとカリウムは他の青魚(サンマ、サバ、イワシ)に比べて多量に含まれています。

アジの効果効能

アジに含まれる成分のうち、特徴的なものに関してあげてみました。

カルシウム

  • 骨粗しょう症の予防
  • 骨や歯の形成
  • 高血圧の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 神経を安定させイライラを解消する

EPA(エイコサペンタエン酸)

  • 血液をサラサラにする
  • 血管をしなやかにする
  • コレステロール値低下
  • 中性脂肪低下
※不飽和脂肪酸

DHA(ドコサヘキサエン酸)

  • 脳を活性化
  • 老化防止(ボケの予防)
  • 動脈硬化を防ぐ
※不飽和脂肪酸

タウリン

  • コレステロール値低下
  • 肝機能の補助
  • 脂肪肝の予防
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 血圧の上昇を防ぐ
  • 血糖値の上昇を防ぐ

カリウム

  • 脳血管障害の予防
  • 尿路結石の予防
  • 血圧の上昇を防ぐ(体内の余分な塩分を排出)
不飽和脂肪酸
代表的なのは上記にもあげたEPAとDHAで、アジ以外の青魚にも多く含まれています。

スポンサードリンク

またEPA、DHAは不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸に分類され、血中の悪玉コレステロールを減らす作用が強いのが特徴です。

アジと食べ合わせの良い食品

健康や美容にっとって良い成分がたくさん含まれているアジですが、他の食品と組み合わせることでよりその効果が増します。

アジと食べ合わせの良い食品
効果 食材
高血圧、動脈硬化 タマネギ、ネギ、シソ、ショウガ、大根、酢、オリーブオイル
老化防止、脳の活性化 やまいも、ごま、大豆、レモン、セロリ、ショウガ、ネギ、やまいも、ゴマ、大豆
コレステロール値低下 やまいも、れんこん、唐辛子
心臓病予防 みつば、らっきょう、酢
体力回復 アサリ、イカ、タコ、ニンジン、ピーマン

お料理の付け合わせを例にとりますと

  • アジの刺身
    レモン、シソ、ネギ
  • アジの塩焼き
    大根おろし
  • アジの酢の物
定番ともいえる組み合わせですが、食べ合わせとして良いものなんですね。

またβ-カロチンやビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化作用の強いものと一緒に食べると酸化を防げます。

たとえばパセリ、レモン、トマトなどがあげられます。

最後に

この様にアジには心筋梗塞、脳梗塞 循環器系の病気に良いと言われている成分が入っていますが、アレルギー体質の人は多食に注意(じんましん等)しましょう。

また魚の脂肪は酸化しやすいので、刺身など生食する場合は新鮮なうちに食べるよう心がけましょうね。

管理人は鯵の刺身が大好きですが、EPAやDHAを取るには生食は効率が良いです。

これはEPAやDHAは熱に弱い成分だからなんですね。

なびちゃん
やっぱり、お刺身が美味しいね
スポンサードリンク

おススメ記事