口臭と言うのは自分ではなかなか分かりづらいもの。

気にするほど酷くなかったり、逆に周りに迷惑をかけているのに自分だけ気がつかなかったり。

また自分の口臭に気づいて直そうと思っても、いったい何が原因なのか分からなかったりするものです。

そこで口臭の原因には、一体どんなものがあるのかを最初に知っておきましょう。

なびちゃん
どんな原因があるのかな?
スポンサードリンク

口臭の原因をチェックしよう

口臭は口の中を清潔に保つ事によって改善されることがほとんどでが、他の原因によって何らかの治療が必要な場合もあります。

また原因が一つではなく、複数存在する事もありますので、可能性を一つずつ潰していく事も必要ですね。

口臭の原因が歯磨き不足

あたりまえですが口の中に食べかすが残っているような状態だと、それが発酵して口臭の原因になります。

正しい歯磨きの方法で食後は必ず歯磨きをしましょう。

歯ブラシだけではなく、歯間ブラシや通せるなら糸も通しましょうね。

シッカリと歯垢を落とせば食べかすが原因の口臭も防げますし、虫歯や歯周病など新たな口臭の原因を防ぐ事も出来ます。

基本中の基本ですが意外と疎かにされてもいますので、この機会に丁寧に歯磨きをするよう心がけましょう。

まずはココからです。

口臭の原因が唾液の減少

口臭の約8~9割は口の中の環境に原因があると言われており、中でも口の中に住んでいる細菌が、その原因となっている事がほとんどです。

何故ならこの細菌が口臭の元となる物質を作り出しているからです。

これに対して唾液は口の中の細菌を殺菌する働きがありますので、唾液の量が減ると細菌の数が減りづらくなるため口臭の原因となります。

朝起きた時に口の中がネバついたり、自分でも分かるほど口が臭ったりすることがあると思いますが、これは寝ている間に口の中が乾燥し唾液の量が減っている為です。

因みに朝の寝起き直後は、一日のうちで最も口臭がきつい時で、寝る前に比べ口臭の原因物質が約5倍ほどになる事が分かっています。

なので朝口臭がきつくなるのは当然のことなので、必要以上に気にする必要はありません。

そのあと歯磨きなどシッカリとお口のケアを行いましょう。

但し例外もあります。

この唾液についてですが、常時口の中がパサついているような状態は好ましくありません。

スポンサードリンク

例えば

  • パン等のかわいた食品が食べづらい
  • 舌が痛い
  • 食べ物の味が良く分からない
口臭以外にも上記のような傾向、症状があるようならばドライマウスの可能性がありますので、医師の診断を受ける必要があります。

口臭の原因が舌苔

舌苔は舌の表面の一部分に、白い塊ができたように見えるもので、口臭の原因ともなります。

但し舌苔の出来る原因によっては、舌の汚れをいくら落としても根本的な改善にならない場合があります。

例えば胃が荒れたり、血行が悪くなる事で舌苔が出来るような場合がそれに当たりますので、そのような場合は内科等にかかり根本原因を直す必要があります。

例えば舌苔がついたら舌ブラシでケアしているのに、暫くするとまた舌苔がついてしまうような場合です。

口臭の原因が虫歯や歯周病

虫歯菌で歯が溶かされていたり、神経を腐らせていると口臭の原因となります。

親知らずも歯茎に埋まっている事が多いため、食べ物のかすが溜まり易く、歯磨きもしづらいので注意が必要です。

また歯周病も口臭の原因となります。

しかもかなりキツイ臭いがしますので要注意ですね。

また口臭の原因が歯にある場合は、早急に歯医者での治療をする必要があります。

口臭だけの問題ではなく、放置すると激しい痛みを伴ったり、ヘタをすると取り返しのつかないことにもなりかねませんので、できるだけ早く歯医者で治療を行いましょう。

なびちゃん
歯医者さんには早めに行きましょうね。

口臭の原因がお酒や食べ物による

お酒を飲んだりニンニクタップリの餃子を食べたりしたときも、口臭?の原因になりますよね。

厳密に言うと飲食物の臭いが胃から上がってくるような場合は、口臭とは区別されているのですが、口から臭いを発するということでここでは取り上げました。

この場合時間が経てば解決しますが、エチケットとして気にしておきたいものです。

牛乳や100%果汁のジュースを飲むことによって、胃から上がってくるにおいを軽減する事ができますのでお試し下さい。

まとめ

口臭の原因についてあげてみましたが、あなたが思っている以上にたくさんあったのではないでしょうか。

また口臭自体が「他の病気のシグナルになっているケース」があることもお分かりいただけたか思います。

口臭を解決する事は、あなたの健康にとっても大事だと言う事もお忘れなく。

スポンサードリンク

おススメ記事