ランタンとはキャンプで使う照明器具のことです。

キャンプ用品の中では必需品の一つですね。何しろ夜になって明かりが無かったら、真っ暗で何も出来ません^^;

ランタンにもいろいろ種類があるので、どれを買えばいいか迷ってしまうと思います。

今日はそのランタン選びのポイントをご紹介しますね。

スポンサードリンク

キャンプ用ランタンのお勧め

「はい!これがお勧めのランタンです!^^」と、ご紹介できれば良いのですが、使用する目的や条件によってお勧めも変わってきます。

どんなスタイルでキャンプをするかについては「キャンプの楽しみ方、電源キャンプやオートキャンプをどう思う?」を参考にしてみて下さい。

ではまずはランタンの種類別の特徴を見てみましょう。

ランタンは燃料方式によって、主に3つに分ける事ができます。

  • ホワイトガソリン
  • LPガスカートリッジ
  • 電池
それぞれに長所、短所がありますので、今回はこの燃料方式による特徴や違いをおさえて、ランタン選びの材料にしましょう。

キャンプ用ランタンのホワイトガソリンタイプ

ハイパワーで安定性もあり、古くからの愛好者が多いのがこのタイプ。

管理人もコンロ、ランタンはこのタイプを使用しています。

ホワイトガソリンランタンの長所

  • 明るい
    3種の中では最も光量が多く明るいです。
    マントルを凝視すると「目が、目が~~」となるほどです^^;
  • 光量が安定している
    長時間使用しても、燃料の継ぎ足しやポンピングをすることで、光量を一定に保つことが出来ます。
    また冬季や寒冷地でも光量が安定しています。

ホワイトガソリンランタンの短所

  • 扱いが若干難しい
    燃料タンクのポンピングや、マントルの空焼きなど、点灯のための準備が必要です。
    また多少コツが要るので慣れも必要です。
  • 本体価格が高め
    ガスに比べて燃費は良いですが、本体価格は高めです。

キャンプ用ランタンのLPガスタイプ

取り扱いが簡単で、ある程度の光量もあるため、ガソリンタイプより人気が出てきています。

最近ではとんでもない光量のガスランタンも販売されています。

LPガスランタンの長所

  • 取り扱いが簡単
    マントルの空焼きは必要ですが、中にはマントル不要のワンタッチで点火できる製品もあります。
  • 本体価格が安め
    ホワイトガソリンランタンに比べ本体価格は安めで手に入ります。

LPガスランタンの短所

  • 光量が安定しない
    ガスが気化するときに熱を奪うのでタンクが冷たくなり、場合によってはタンクを暖めないと、十分な光量が得られない事もあります。
    そういった理由から寒さにも弱いです。
  • コストパフォーマンスが悪い
    基本的にホワイトガソリンより燃費が悪いです。
    また予備のガスカートリッジを、数本持っていく必要があります。

    しかしアタッチメントを使用する事で、家庭用のカセットから詰め替えも可能なので、うまく使えばこの辺のデメリットも解消できますね。

キャンプ用ランタンの電池タイプ

電池を使用するものには、LEDランタンや蛍光灯ランタンなどがあります。

このタイプのランタンは長所、短所というより補助的な光源として絶対に必要です

何故ならホワイトガソリンランタンやLPガスランタンは、燃焼により熱を発生させますので、テント内に持ち込む事ができないからです。

倒したりすればテントが燃えてしまいますし、燃焼時に酸素を使うので、テント内で使用するのは2重の意味で危険です。

特にこだわりが無ければ懐中電灯でもOKですが、あると便利なので出来れば1つは備えておきたいです。

LEDの普及により光量はさほどでもありませんが、コストパフーマンスは抜群に良くなりましたし、4WAY電源方式の製品などキャンプ以外でも重宝すると思います。

なびちゃん
ふ~ん、それぞれに特徴があるんだね

用途別タイプ選択

各タイプのランタンは、どのような用途に使ったら良いのでしょうか?

近年流行のオートキャンプにより、持ち込む荷物も膨大になり、それに伴いキャンプスペースも広くなってきました。

ここでは4人家族のオートキャンプを想定して、キャンプスペース内それぞれの居住空間で、どんなランタンを使用すると良いか提示してみたいと思います。

タープ下

食事等、夜すごすメインの場所となると思います。

ココでは大き目の光量のランタンを少しはなれた所に置き、サイト全体を照らすような感じにします。

こうする事によって、虫をそちらに集める事が出来ますので。

タープ内にはサブランタンを1つ。サイトの状況によっては調理場用と兼用でも十分いけるでしょう。

  • メインランタンとして、200W前後のガソリンまたはガスランタンを1つ

    調理場

    ココにはサブランタンを1つ調理場用に欲しいですね。

    タープと調理場の位置によっては、メインランタンの1つを兼用しても良いと思います。

    • サブランタンとして、150W前後のガソリンまたはガスランタンを1つ

    テーブル上

    別途テーブルランタンを用意しても良いのですが、そんなに光量を必要としませんので、テント内と兼用でLEDランタンを使用するのが良いでしょう。

    • テント内と兼用でLEDランタンを1つ

その他

手元を照らしたり、トイレに行くとき用に、小型の懐中電灯も用意しておくと便利です。

なびちゃん
最低でも3つは欲しいね

まとめ

扱いやすさを重視し、まずLPガスランタンを使用し不満や不都合が出てきたら、ホワイトガソリンランタンを増やすというのはどうでしょうか。

但し既にガソリンコンロをお持ちであれば、初めはそちらに合わせたほうが良いでしょう。

特にガスコンロをお使いならば、メーカーをそろえておいた方が、カートリッジも1種類で済みますので考慮してください。

コンロについてはこちらの記事をご覧ください。
キャンプ用コンロの選び方・ガソリン、ガス、ツーバーナーの利点は?

ガスカートリッジの互換性について
ガスカートリッジは、メーカー間での互換性は無い事になっています。
なっていると書いたのは、差込口があえば基本使えてしまうからです。

但し事故が起きないとは言えませんし、その場合メーカーの保障もありませんので、同じメーカーの物を使用しましょう。

ガソリン、ガスともに長所、短所がありますので、キャンプスタイルに応じて変更や併用しても良いでしょう。

ちょっと贅沢ですけど^^;
(結局買っちゃうんだよな~)

なびちゃん
趣味にはお金がかかるよね