今日から貧乏旅行記は3日目に突入です。

この日から、一応東京方面に戻るほうへ進みます。

根性無いですね~
まだ3日目ですよ!青春18きっぷは5枚つづりなのに・・・

って「お前が言うな!」
ですよね~

まっ今日も行ってみましょうか^^

なびちゃん
最初から読みたい人はコッチだよ
青春18きっぷはこう使え!怒涛の貧乏旅行記・準備編です。
スポンサードリンク

きっ、記憶が・・・

実は大変申し訳ないのですが、この日造田から大阪あたりまでの経路が、どうしても思い出せないんですよ・・・

たぶん、多分ですよ
宇高連絡船使ってから、東上したと思うんですよね~

写真もないし、帰りの連絡船の記憶がまったく無い^^;

なんでだろ?

なびちゃん
年取ったからさ

いやね、体力がさ~

それで3日目くらいから、結構体がきつくなってきたんですよね。

ほぼ始発~終電まで電車に揺られているので、睡眠時間もいいとこ3~4時間でしょうか。

寝場所もろくでもないんで、熟睡などもってのほかだしね。

前の記事でも勘違いしてチョット触れましたが、大阪、京都あたりは都内と変わらない感じでした。

車両も普通の通勤電車だし、お客さんも結構いるし・・・

なんか都内の通勤時間帯に居眠りしてるような感じで、旅行してる気分じゃなかったな^^;

それで、どこに向かってんの?

3日目の目的地は下呂です。

そうあの下呂温泉で有名な、岐阜県の下呂駅が目的地です。

なんでここに向かう事になったかというと、ちょっと理由がありまして。

実は他の友人で、富山の高岡が実家の奴が居たんですよ。
(こいつの事はガリバーと呼ぼう)

んで、出発前にマサムネとガリバーの間でこんなやり取りが・・・

マサムネ
俺たち貧乏旅行に行くんだけどさ~
帰りに高岡寄るから泊めてくれよ
ガリバー
ああ~その頃なら実家に居るから別にいいよ
と言う訳で、高岡の近くまで行っとこうと言う事です。

それに北陸は行きに通ったし、風呂にも入りてーし、ってことで下呂になった・・・と思う^^;

こういう所ホントにマサムネは頼りになる。

いつ「くじけても」いいように保険かけとくあたりね。

まあコレはコレで、翌日大変な事になるんだが・・・

なびちゃん
大変な事?
なんだろ??
スポンサードリンク

とりあえず風呂に入ろうぜ

下呂に到着した一行ですが、まずは「風呂に入ろう」ってことで風呂探しです。

到着時もう暗くなってたけど、そんなに遅い時間じゃなかったはず。

駅から人の居るほうへ歩いていくと橋があって、どうやら橋を渡ると温泉街になってるみたいだった。

んで橋から見ると上流の川原に、なんと露天風呂があるじゃないですか!

さっそく行ってみると、おばーちゃんが3人くらい温泉に浸かってました。

ココ脱衣所とか何も無くて、しかも近くの橋の上からは丸見え^^;

ただし、無料で入れる!

我々貧乏トラベラーの為にあるような露天風呂なのです!

この露天風呂wikiに載ってた^^

なんでも「噴泉池」と言うんだそうで、有名な所みたいだね。

写真を見ると、整備とかされて当時と少し変わってるけど、まだちゃんとあるみたいだ。

当時の写真はこっち

下呂大橋下の噴泉池
噴泉池での一枚。
後ろに見えるのが飛騨川と温泉街。
撮影者の背中側に、下呂大橋が架かっている。
あたりが明るいので、4日目出発前のひとっぷろですな。

下呂温泉・濁河温泉のお宿口コミ【楽天トラベル】

3日目のルート

このあと、ばーちゃん達と風呂で歓談。

んで例のごとく寝床探しへと向かったのだが・・・

この日の寝床が一番きつかった><

そのお話は次回です。

なびちゃん
ん~どこで寝たのかな?
ワクワク
今日は3日目のルートマップを置いておきます。

スポンサードリンク

おススメ記事