2015年の12月27日(日)に箱根の神社めぐりに行ってきました。

今回は新宿から高速バスを利用してみましたので、現地の画像も載せながらルート順にご紹介しようと思います。

箱根に行く手段の一つとして参考にして頂ければと思います。

なびちゃん

スポンサードリンク

箱根の神社めぐり予定表

まずは当日の行程予定表。

今回は高速バスでの箱根行きが初めてで、今後もこの予定で行けるかどうかの実験も兼ねています。
ちなみに予定は連れが立てました。

8:00 新宿駅西口発
小田急箱根高速バス35号
10:33 箱根小田急 山のホテル着
箱根神社へ徒歩で移動
箱根神社参拝(昇殿参拝)
終了後、元箱根へ徒歩で移動
昼食
12:45 元箱根発 伊豆箱根バス
12:57 箱根園着
13:10 箱根園発 箱根駒ヶ岳ロープウェイ
13:17 山頂着
奥宮参拝
14:10 山頂発
14:17 箱根園着
九頭龍神社へ徒歩で移動
九頭龍神社参拝
16:45 箱根園発 小田急箱根高速バス56号
19:20 新宿駅西口着
さて一行は予定通りに帰ることが出来たのでしょうか?

続く

新宿~箱根神社

今回利用したのは「小田急箱根高速バス」で、新宿駅から山のホテルまでをつないでいます。

バス停は新宿駅西口の「小田急ハルク」前にあり、ここから乗車することになります。

往復チケットは連れがネットで予約し、コンビニ受取で持ってきてくれました。

今回管理人は何もしてません^^;

バス停の前には小田急のチケット売り場があり、ここでもチケット購入が出来ます。

売り場の中にあるシートが空いていたので、ここでバスを待つことに。

ちなみに中は狭くシートも3~4人分くらいしかありません。

バスは予定通り8:00に新宿を出発し、途中のバス停に停車しながら箱根へ。

一番乗り降りが多かったのは御殿場駅で、8割かたのお客さんが降りてましたね。

また芦ノ湖畔に出てからは、湖尻や箱根園から山のホテルまで乗る人でほぼ満席状態になりましたが、
結局新宿から終点の山のホテルまで乗っていたのは、我々だけだったような気がします。

徒歩で箱根神社下のお手水前まで行くと、予想に反して結構な人がいてちょっとビックリ。

年末近くの日曜日とはいえ、箱根に来るシーズンではないと思っていたものですから。

昇殿参拝の申し込みをすると、すぐに中に入ることが出来ましたが、ここでもスゴイ人数でした。

箱根神社
年末なのでお社前には茅の輪が設置されていました。
箱根神社
箱根神社本殿前。
結構行列が出来てました。
九頭龍神社入口
昇殿横にある九頭龍神社の分社への入口です。
九頭龍神社分社
九頭龍神社の分社。
こちらも結構な行列でした。
九頭龍神社分社入口
九頭龍神社分社に正面側の入口。
お手水は龍の口から水が出ています。
もちろん九つあります。
納札所
九頭龍神社分社前にある納札所。
古いお札などを返す場所です。

箱根神社~九頭龍神社

昇殿参拝後は、おみくじをひいたり、お札を神社に返し徒歩で元箱根へ。

んでこの時点で既に12:00!

バスはほぼ予定通りに着いたのに、神社で予想以上に時間を費やしてしまいました。

次の移動に乗るバスの時間まで45分しかありません。

流石に昼時なのでお店はどこも混雑していて、45分で食事を済ませるのは無理っぽいので、ホットドック?を買って食べる事になりました;;

さらにさらに、なんと強風で駒ケ岳に行くロープウェーが止まってるらしい!

仕方が無いので九頭龍神社へ向かう事に・・・

とは言うものの箱根園の1コ手前のバス停で降りればよいだけなので、とりあえず元箱根のバス停付近でホットドックを食べながらバスを待つことにしました。

ところが道が混んでいて小田原から登ってくるバスが遅れている・・・

この時点で予定はボロボロ^^;

結局バスが来たのは約45分遅れの13:30頃。

あ~こんなことなら、ゆっくりお昼が食べられたのに~;;

んなこと言っても仕方が無いので、気を取り直してバスに乗り「ザ・プリンス箱根」で下車。

ココからは歩いて九頭龍神社へ向かいます。

道幅は狭いですが車両通行止めなので、湖を眺めながらのんびりお散歩気分で行く事ができます。

時間にすると20~25分程度ですね。

「箱根九頭龍の森」への入場料500円を払い九頭龍神社に着くと、3人組みの方々がガイドさんに九頭龍神社の由来についての説明を受けていました。

どうやらモーターボートでいらしたお客さんのようです。

ココは元箱根港からモーターボートで往復する事ができますし、帰りの片道だけでも利用する事ができます。

帰りに乗りたい時は「箱根九頭龍の森」の入口にある受付で申し込めばOK。

スポンサードリンク
芦ノ湖
元箱根港横からの芦ノ湖の眺め。
風で湖面が波だっていますね。
モーターボートの案内
九頭龍神社への道すがらにあったモーターボートの案内看板。
元箱根からの往復利用なら一人2,000円です。
箱根九頭龍の森入口
箱根九頭龍の森への入口。
見えにくいのですが、奥にある建物が受け付けです。
九頭龍神社
九頭龍神社のお社です。
九頭龍神社のお手水
お社の階段下にあるお手水です。
九頭龍神社桟橋
階段下にある桟橋です。
モーターボートが止まってますね。

九頭龍神社~奥宮

九頭龍神社参拝後、受け付けでお土産の九頭龍カステラを買いました。

特に理由は無いのですが、ココに来た時はいつもこれを買います。

その後徒歩で帰りの新宿行きバスが出る「箱根園」へ。

「箱根園」は九頭龍神社に行く時にバスを降りた、「ザ・プリンス箱根」の隣のバス停になりますが、プリンスホテル前の駐車場を横切ったところなので大した距離ではありません。

15:00少し前に「箱根園」に到着すると、なんとロープウェーが動いてるではありませんか!

風が弱くなったので運転を再開したようです。

ロープウェーは約20分間隔で運転しており、片道7分ほどで到着します。

料金は往復1,080円ですが、ネットで割引券を印刷していくと100円引きとなりますんでチョットお得^^

ロープウェーで駒ケ岳の山頂駅へ。

奥宮は山頂駅からさらに小高い岡の上まで徒歩で7~8分上っていくのですが、木で作られた階段の段差がわりとあるので結構疲れます。

山頂は風も強くかなりの寒さでした。

雪が降った形跡もあり、溶け残りと水溜りで足下も悪かったですね。

それにしてもスゴイ人でしたね~。

途中までロープウェーが止まっていた為なのか、団体のお客さんが居たからなのか分かりませんが、帰りのロープウェーはラッシュ時の電車の様^^;

もっとも通常約20分間隔の運転なのですが、この時は混雑のせいかピストン輸送状態だった為、待たずにすぐ発車となったのでありがたかったです。

奥宮
奥宮のお社です。
今回は閉まってましたが、15:00までなら中に入れます。お守りなども販売されています。
神山
駒ケ岳横の神山です。
相模湾
奥宮からの相模湾の景色。
芦ノ湖と伊豆半島
山頂からの芦ノ湖の景色。
奥に見える陸地は伊豆半島です。
芦ノ湖
こちらも山頂からの芦ノ湖。
芦ノ湖
湖やゴルフ場がミニチュアの箱庭のように見えました。

奥宮~新宿

ロープウェーで箱根園に到着したのが、15:30を少しまわったくらいだったので、帰りのバスまで1時間程余裕がありました。

バスのチケットは往復で購入してあり、帰りは箱根園発16:45の予定です。

最初は箱根神社で時間をくったり、元箱根からのバスが遅れたりと随分時間が取られたのですが、ココまで来ると1時間余り・・・

予定自体がダメダメだったと言うことですな^^;

なにはともあれ、お昼がほぼスルー状態だったので、箱根園で何か食べようかと言う事になったのですが・・・

この周辺の食事処は、ほとんどが15:00で店仕舞いしてしまう事が発覚しました^^;

他に時間を潰せるところも無いので最後の手段!

実はバスのチケットは、座席に空きがあれば別の時間のバスでも使えるのです。

そこで目の前に止まっている、15:45発のバスの運転手さんに座席の空きを確認してもらったところ、運よく空きがあったのでこのバスで帰ることが出来ました。

やれやれです。

帰りは東京インターあたりで渋滞があったものの、30分ほどの遅れで新宿に到着。

さすがにお腹が減ったので、新宿でご飯を食べてから帰宅とあいなりました。

まとめ

今回はじめて高速バスで箱根まで行ったわけですが感想と反省点を少々。

行き帰りは勝手にバスが運んでくれるので楽ではありますが、2.5時間~3時間位はかかりますので乗り物酔いする方は厳しいかと思います。

実際管理人も行きの山道に差し掛かったところで酔いました^^;

帰りはバク睡状態だったので問題ありませんでしたが。

あとは二人以上で行くなら車で行くのが一番安いと思いますが、一人当たりの料金では最安だと思います。

不便な点はやはり現地での移動手段が路線バスしかないという所でしょう。

箱根神社から九頭龍神社までは歩いて行けないことも無いのですが、1時間程かかりますので時間的余裕と有る程度体力に自信がないと厳しいですね^^;

また箱根神社から箱根園あたりまでは、道幅の狭い道路で車の通りも結構あるので歩くにはちょっと怖かったりもします。

まとめとしては「一人でふらっと行くには安いし気楽で良い」と言ったところでしょうか。

参考にして頂ければと思います。

箱根に行く際の他の交通手段についてはこちらをどうぞ

スポンサードリンク

おススメ記事