水遊びをさせてあげたいけど、「はじめてで良く分からない」と言う不安をお持ちのお母さんも多いと思います。

今日は1歳くらいのお子さんの「水遊びデビュー」で注意する点をまとめましたので、是非とも参考にされてください。

まず初めてなので、公共の施設での水遊びは避けましょう。

ジャブジャブ池の水深、混み具合、オムツの問題等いろいろ敷居が高いです。

まずは自宅で。
お子さんも、お母さんも水遊びに慣れましょうね。

スポンサードリンク

1歳児に水遊びをさせるおもちゃ等、準備をしましょう

まずはベランダやお庭に、水を張ったビニールプール等を用意しましょう。

お天気が悪ければ、お風呂場のバスタブでも勿論OKですが、どうせなら天気の良い日を選んで、お外で遊ばせてあげましょう。

水は暫く日に当ててぬるんでから、お子さんを入れてあげる様にしましょうね。

おもちゃは水遊び用のバケツやジョウロ、ペットボトルなど水をすくって流したりできる道具が良いですね。

またペットボトルは、底に穴を開けてあげると喜びますよ。
大きさは500ml以下の小さなものが、遊びやすいと思います。

あとはもう1種類、ボールやアヒルのおもちゃのように、水に浮くものも喜んでくれます。

なびちゃん
とりあえず2種類用意しておけば、飽きずに遊んでくれそうだね

1歳児の水遊びをさせる時間や紫外線対策

初めのうちは30分、長くても1時間位で切り上げてください。

水遊びは小さな子どもにとっては、かなり体力を消耗するものなので注意してあげてくださいね。

紫外線対策としては、ベビー用のUVカット乳液などを塗ってあげましょう。

もしお肌が合わないようなら、シャツを着せてあげるようにしましょうね。

紫外線対策については、こちらも参考にしてください。
赤ちゃんの日焼け対策・防止グッズ、日焼け止めはどうする?

スポンサードリンク
なびちゃん
大人でも水に入ると疲れるもんね

1歳児に水遊びをさせる場合の注意点

その他にも注意する点をいくつか

水着か水遊び用のオムツをつけてあげましょう

自宅での水遊びなので、水遊び用のオムツは無くてもよいのですが、座り込んで遊ぶ時にお尻の保護になりますので、水着か水遊び用のオムツをつけてあげた方が良いでしょう。

ただ水遊び用のオムツはお値段が高いですし、紙オムツだとお尻がかぶれたりする事もあります。

お子さんの状況に合わせて選択してあげて下さいね。

うんちの予感?がなければ水着が一番良いです。

水遊びの間は絶対に目を離さないで!

お子さんが水遊びをしている間は、例え10秒でも絶対目を離してはいけません。

水深が5cmあれば、状況によっては大人でも溺れます。

まして1歳児なら簡単にコテッと倒れますよね。
顔から水に突っ込んだら大変ですから、必ず側で様子を見ていてあげましょう。

遊び終わったらお風呂へ

必ずと言う訳ではありませんが、水遊びが終わったら温水シャワーか、軽くお風呂に入れてあげましょう。

お子さんの体調や、冷え具合で判断してあげてください。

まとめ

お子さんの水遊びは、おかさんが少し気をつけてあげれば、そんな構えなくても大丈夫です。

子供は水遊びが大好きです。

水遊びは子供の成長に必要な知的な遊びでもありますし、思う存分遊ばせてあげたいものです。

なびちゃん
たくさん遊ばせてあげてね
スポンサードリンク

おススメ記事