管理人が子供の頃は、「日焼けは健康の証」とばかりに野外を飛び回っていたものです。

しかし紫外線の及ぼす悪影響がハッキリしてからは、そうも言ってられなくなりました。

特に皮膚の弱い赤ちゃんには、しっかりしたケアが必要です。

今日は赤ちゃんへの日焼け対策として、どのような事に注意すればよいのかご紹介しますね。

なびちゃん
管理人さんの奥さんも苦労してたもんね!
スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策の必要性

冒頭でも少し触れましたが、現在では紫外線がお肌に与える悪影響がハッキリしています。

紫外線は浴びるほど、そのダメージは蓄積されてしまい非常に厄介です。

また年数が経つにつれてシミ等のお肌のトラブルや、免疫力の低下という深刻な事態も引き起こしてしまいます。

なので特にお肌の弱い赤ちゃんには、大人の日焼け対策以上に気を使う必要がありますので、しっかりとケアしてあげて下さいね。

赤ちゃんの紫外線防止グッズ

日よけカバーのついた抱っこ紐や、ベビーカー用の日よけカバーが市販されていますので、これらを購入するのが良いでしょう。

但しこれだけでは、足や腕には直射日光が当たってしまうと思いますので、お洋服は長袖、長ズボンにしましょうね。

暑くてかわいそうなら
お洋服は半そで、半ズボンにして、バスタオルを持っていってあげましょう。

日よけとして足や腕にかけてあげたり、涼みにお店に入った時は、冷房の風除けにも使えます。

ポイント
10:00~14:00位は紫外線の多い時間帯ですので、お散歩は避けるようにしましょうね

スポンサードリンク
なびちゃん
あまり日差しの強い日は、お散歩はやめておきましょう
無理に毎日出かけなくても大丈夫ですよ

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

お洋服が半そで、半ズボンで、お散歩に出かけるときは、日焼け止めクリームを塗ってあげましょう。

クリーム選びのポイントは

  • SPF 10~20くらい
  • PA+くらい
  • 「紫外線吸収剤」が入ったものは避ける
SPFもPAも紫外線を防ぐ目安で、数値が高い方が効果が大きいのですが(PAは+が多い)、あまり効果の高いものは赤ちゃんのお肌には負担となりますので避けましょう。

また「紫外線吸収剤」は、化学変化により紫外線を処理する為、お肌への負担も大きいですし、あまり長時間効果が続きません。

なので「紫外線散乱剤」を使用しているものを選びましょう。

注 意
クリームによっては、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の両方が含まれている製品もありますので、選ぶ際には注意して下さいね。

クリームは厚めに塗っておきたいところですが、お肌への負担になりますので、薄めに塗って時間を置いて塗りなおしてあげましょう。

最後に

如何でしょうか?

赤ちゃんの肌は薄くてデリケートなので、細心の注意をはらってケアしてあげて下さい。

またご紹介したように、「クリーム+日よけ」といった複合的な紫外線対策を心がけてくださいね。

スポンサードリンク

おススメ記事