1年じゅう四季おりおりの風景を楽しむ事が出来る三渓園。

横浜の中心街からほど近い所にあるのですが、車が無いと意外と行きづらい場所だったりします。

そこで車以外での三渓園へのアクセス方法を、バッチリご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

三渓園へのアクセスに利用する駅は?

地図で見ると京浜東北線(根岸線)の山手駅が最寄り駅に見えますが、歩いて行くには約2.5kmと少々距離があります。

また最短ルートを取るには、丘の上の住宅街にある入り組んだ道を行くことになり、上り坂がある上にものすごく分かりにくいです。

またこの駅から三渓園に向かうバスは出ていませんし、タクシーを利用するにしても不便な駅です。

駅からバスで向かうには、「横浜駅」「桜木町駅」「元町・中華街」「根岸駅」のいずれかを利用するのが良いです。

三渓園へのアクセスに「横浜市営バス」を使う

横浜駅から
バス系統 8、148
乗車バス停 東口2番のりば
下車バス停 三渓園入り口
所要時間 35分
桜木町駅から
バス系統 8、148
乗車バス停 2番のりば
下車バス停 三渓園入り口
所要時間 25分
元町・中華街駅から
バス系統 8、148
乗車バス停 山下町
下車バス停 三渓園入り口
所要時間 15分
ポイント
山下町バス停は、駅の4番出口から出て右側のフォルクスワーゲン・ディーラ前あたりにあります。

「横浜駅」「桜木町駅」「元町・中華街駅」からは何れも横浜市営バス8系統、または148系統で「三渓園入り口」バス停まで行けます。

このバス停から三渓園正門までは徒歩5分程度となります。

ちなみに148系統は急行なので、8系統よりも所要時間が短くて済みますよ。

スポンサードリンク
根岸駅から
バス系統 58、99、101
乗車バス停 1番のりば
下車バス停 本牧
所要時間 10分

「根岸駅」から行く場合は本牧バス停で降りた後、三渓園南門から入ることになります。

バス停からは本牧市民公園内に入り、正面にある池に沿って左の方へ行くと南門があります。

案内板も出ていますので迷うことは無いでしょう。

また横浜方面からのアクセスに比べて、道路が混雑することが無いのが利点ですね。

料金は大人220円(IC216円)、子供110円(IC108円)となっています。

なびちゃん
根岸駅からだとバスの移動時間が短そうだね

三渓園へのアクセスに「ぶらり三渓園BUS」を使う

「ぶらり三渓園BUS」とは「ぶらり観光SAN路線」のうちの一つで、横浜駅から三渓園入り口まで行けるバスです。

このバスは「三渓園正門前」まで行きますので、路線バスの「三渓園入り口」よりも歩かなくて済みます。

但し「ぶらり三渓園BUS」は土日、祝祭日のみの運行なので、平日は走っていませんので注意してください。

また若干路線バスと運行ルートも違いますし、1日6本と本数も少ないです。

料金は路線バスと同じですが、1日乗車券の「みなとぶらりチケット」を購入すると、大人500円、子供250円で一日乗り放題となります。



まとめ

三渓園に行くまで横浜市内の街並みを楽しみたいなら、「横浜駅」や「桜木町駅」から乗ると良いでしょう。

バスでの移動時間を短くしたいのならば、「元町・中華街駅」や「根岸駅」が便利ですね。

特に根岸駅からのアクセスは、道路の混雑もまずありませんのでおススメです。

また根岸駅は駅前ターミナルがありますので、タクシーを利用する場合も便利です。

スポンサードリンク

おススメ記事