敬老の日には、おじさいさんやおばあさんに感謝を込めてプレゼントをあげたり、一緒に食事に出かけたりする方も多いと思いますが、この敬老の日にはどんな由来があるのでしょうか?

海外の事情なども含めてご紹介しようと思います。

なびちゃん
外国にも敬老の日ってあるのかな?

スポンサードリンク

敬老の日はいつでしょう

まずは敬老の日が制定されている日ですが、現在では9月の第3月曜日となっています。

敬老の日は9月15日だったのですが2001年にハッピーマンデー制度が実施され、敬老の日も2003年より9月の第3月曜日へと変更されました。

それに伴い2001年から従来の敬老の日であった9月15日は「老人の日」、9月15日から1週間は「老人週間」と定められました。

ハッピーマンデー制度
週休2日制が浸透してきたことを理由に、月曜日を休日とすることで「国民のみなさん、3連休でゆっくりしてね」といった趣旨で祝日の一部を特定週の月曜日に変更するようにした制度。
対象となった祝日は「成人の日」「海の日」「敬老の日」「体育の日」です。

そういえば土曜日が祝日になると「あと1日ズレていれば・・・」なんて思った経験ありませんか?

なびちゃん
そういう理由で変わったんだね

敬老の日の由来は?

1947年に兵庫県多可郡野間谷(のまだに)村の村長さんと助役さんが「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨で、9月15日を「としよりの日」としたことが始まりです。
1950年には兵庫県全体に広がり、その後1966年に「敬老の日」として国民の祝日に制定されました。

他にも敬老の日は聖徳太子や欽明天皇に由来があるという説もあります。

敬老の日は海外にもあるの?

母の日はアメリカの記念日が輸入された形ですが、敬老の日は由来からお分かりのように、日本独自の成り立ちで祝日とされたものです。
それでは外国ではどうなんでしょうか?

アメリカ

1978年から9月の第2日曜が「National Grandparents’ Day(祖父母の日)」という日になっています。
趣旨も「年長者を敬う」「孫が祖父母に感謝の意を表す」ということで、この辺は日本と同じなんですが、歴史が浅いせいかあまり定着していないようですね。
アメリカ国内の報道などでも、扱いが小さかったり取り上げられない事もあるようです。

スポンサードリンク

イギリス

敬老の日に該当する日はありませんが、100歳、105歳の誕生日以降は、毎年女王陛下から祝電が届くとのこと。但し申請が必要なのだそうです。

余談ですがイギリスではかなり徹底した個人主義で、親は親、子は子といった具合に、お互いに必要以上の干渉はしないのが普通で、日本人から見ると身内でありながらかなりドライな関係に見えます。
なのでイギリスでは「オレオレ詐欺」はありえないとも言われています。

決して年長者をないがしろにしている訳ではないでしょうが、そういったお国柄も関係あるのかもしれませんね。

イタリア

2005年に10月2日が「祖父母の日」として制定されています。
この日は「勿忘草(わすれなぐさ)」をプレゼントする風習があります。

またカトリック教会では、キリストの祖母である聖アンナの日である7月26日も祖父母を敬う日となっていて、これはスペイン・ポルトガル圏の国では多いようです。

なるほどキリスト教圏では「敬老」と言うよりは「聖アンナの記念日」的な意味合いが強いのかもしれませんね。

ポーランド

1月21日が「祖母の日」、1月22日が「祖父の日」として祝日になっています。
「お~連休じゃんか!」とおもったら両日とも休日にはなっていないようです^^;

それはさておき、この両日は国民の間でも定着しており、幼稚園や小学校ではプレゼントを作ったりするそうです。
なんかこの辺は日本と似ていますね。


ポーランドと言えば親日国としても有名で、シベリアの孤児救出とか、ヤルタ会談の内容をポーランド人が日本の外交官に密かに知らせてくれたりと、歴史的にも日本とのつながりが深い国です。
現在でも日本文化や、柔道を始めとする武道が盛んであったりしますしね。

個人的には日本人と国民性というか感性が近いのかな?と思っています。

まとめ

どうも敬老の日が休日になっているのは日本だけのようですね。
もっともすべての国を調べた訳ではないので、他にあるかもしれませんが^^;

それぞれの国にも敬老の日に類する日が制定されているようですが、日本が一番「お年寄りを敬い感謝する日」と言うのが定着しているように思えます。

日本人としては普通なのかもしれませんが、あなたはどう感じましたか?

なびちゃん
よく見ると国によって同じようで、微妙に違うんだね
スポンサードリンク

おススメ記事