横浜開港祭のイベントの1つとして行われる花火大会です。

本格的な花火シーズン前ですが、横浜で行われるという事もあってか、毎年大変な人出に見舞われます。

なるべく混雑を避けて見たいところですね。


なびちゃん
2017年関東の花火カレンダーはこっちだよ
花火大会カレンダー関東、東京・神奈川・埼玉・千葉
スポンサードリンク

横浜開港祭花火大会2017の日程

※ 日程は予定でまだ決定していません(2017/5/25)

基本情報

名称 第36回横浜開港祭花火大会
日程 2015年6月3日(土)
※荒天中止
時間 19:30~20:00
場所 横浜市西区みなとみらい・臨港パーク
発数 約4,000発
人出 約70万人
問合せ 横浜開港祭実行委員会
045-212-5511

横浜開港祭花火大会2015のおススメスポット

メイン会場近くは朝から場所取りが必要で、比較的出足の遅いカップヌードルミュージアムあたりでも、昼頃から埋まり始めてしまいます。

しかも火曜日ですし、仕事してたら場所取りも無理ですよね~。

なのでギリギリに行っても見れるし、帰りもあんま混まないところをご紹介します。(有料席以外ね)

有料席

まずは有料席ですが少々お高いです。

レーザー光線を使用したり、趣向を凝らした花火大会なので、メインの有料席で見るのが一番なんだろうけど。
但し帰りの混雑は覚悟してください。

下記ページ下のほうへスクロールすると、チケットぴあへのリンクがあります。
 ↓ ↓ ↓
横浜開港祭2017公式HP

港の見える丘公園周辺

位置的には山下公園の裏山くらいの感じです。

高台で割りと開けているのですが、桜木町方面の視界が若干悪いかな?

ただ港の見える丘公園から、外人墓地あたりまで出ると生垣はありますが、視界が開けていて良く見えます。

但し道路の歩道からなので、少々落ち着かないかもしれません。

帰りは海側の坂を下れば掘割川にぶつかります。

スポンサードリンク

その手前側が元町通りなので、左へ曲がり真っ直ぐ行けば石川町駅です。

大黒埠頭

山下公園や港の見える丘公園より距離があるので、敬遠されていると思われ割と空いています。

ですが正面の海の上に花火が上がるので、障害物はありませんしバックの夜景もきれいでおススメです。

勿論車で行きましょう。

横浜開港祭花火大会2015のアクセス情報

自動車

  • 首都高環状線 神田橋IC ~ 首都高速神奈川5号大黒線 大黒IC
     距離 37.6km
     時間 0時間34分
     料金 930円(通常・ETC料金)

みなとみらい線 みなとみらい駅

みなとみらい駅から徒歩約5分

  • JR東海道線 東京駅~横浜駅
  • みなとみらい線 横浜駅~みなとみらい駅
  •  時間 0時間37分
     料金 644円(IC)

みなとみらい線 新高島駅

新高島駅から徒歩約10分

  • JR東海道線 東京駅~横浜駅
  • みなとみらい線 横浜駅~新高島駅
  •  時間 0時間35分
     料金 644円(IC)

JR京浜東北線 桜木町駅

桜木町駅から徒歩約15分

  • JR東海道線 東京駅~横浜駅
  • JR京浜東北線 横浜駅~桜木町駅
  •  時間 0時間35分
     料金 550円(IC)

注 意
港の見える丘公園へ行くなら、JR京浜東北線 石川町駅で降りましょう。

最後に

横浜開港祭の一環として行われる為か、花火大会にしては珍しく6月に行われます。

お天気の事はどうしようもないのですが、入梅前の良い天候に恵まれて欲しいものですね。

この時期の横浜で降る雨は、ホントに無風状態のことが多いです。

なので花火大会で雨が降ったら、2,3発あがった後は煙で何も見えないなんて事もよくありますんで。

なびちゃん
当日は良いお天気になりますように
スポンサードリンク

おススメ記事