こどもの日(端午の節句)には菖蒲湯にはいる習慣があります。
また柏餅やちまきを食べますよね。
その由来について調べてみました。
なびちゃん
どんな由来があるのかな?
スポンサードリンク

こどもの日に菖蒲湯に入る由来は?

平安時代に中国から伝わったのが最初で、端午の節句の宮中行事として、菖蒲を軒下に吊るしたりしていたそうです。

奈良時代になると武家の行事として引き継がれていきました。
「菖蒲」は武道や武勇を重んじることを意味する「尚武」と同じ音なので、縁起を担ぎ兜に飾りつけられるようになりました。

菖蒲湯に入る風習が庶民に広まったのは、江戸時代からといわれています。

こどもの日に柏餅を食べる由来は?

柏餅を食べる風習は、江戸時代に入ってからです。
端午の節句での風習ですが、これは中国から伝わったものではなく日本で始まったものです。

スポンサードリンク

柏の古い葉は、新しい芽が出るまで落ちない特徴があり、ここから親は子が生まれるまで死なないという縁起担ぎとなりました。
柏餅には家系の繁栄という意味が込められています。

こどもの日にちまきを食べる由来は?

ちまきは中国から伝わったもので、由来は屈原(くつげん)という詩人の故事にちなんだものです。

もち米を笹の葉でくるみ五色の糸で縛りますが、糸の色は黒、白、青、黄、赤の五色で、邪気払いの意味があります。

ちなみにこの五色は魔よけの色として、こいのぼりの吹流しにも使われています。

最後に

私は子供のころから、柏餅は良く食べましたが、ちまきはほとんど食べたことがありませんでした。
何故かな?と思っていたのですが、どうやらそれぞれの由来と関係があるようです。

京都を中心とする西日本は、古くからの風習にのっとり「ちまき」が食され、逆に東京を中心とする東日本では「柏餅」が食されているようです。

私の両親は共に東北の出身で、私自身も東京、神奈川を中心に関東を離れたことが無かったので、「なるほどそれでか」と妙に納得しました。

あなたはどっちですか?

スポンサードリンク

おススメ記事