「今日は雨だし花粉も少ないだろうな」なんて安心していたら、いつもよりツライ症状が出るなんてことありませんか?

なぜそうなるのか?と同時に対策もお伝えしようと思います。

なびちゃん
雨の日でも花粉って飛ぶのかな?
スポンサードリンク

雨の日に花粉症がひどくなる理由

雨の日に花粉症の症状が悪化する理由はいくつかありますので詳しく見ていきましょう。

気圧の低下が原因

花粉症の症状が出るメカニズムは、体内に入った花粉をくしゃみや鼻水で外に押し出そうとするために起こります。

その時に働く化学物質がヒスタミンと言うもので、これがアレルギー反応を起こす原因です。

かなり大ざっぱな説明ですが、ザックリと言うとこんな感じになります。

このヒスタミンは、雨がふり気圧が下がると体内で増加してしまうため、症状が悪化してしまう事が考えられます。

また気圧が低下すると副交感神経が活発になるとされているので、アレルギー反応が出やすくなっている可能性もあります。

油断が原因

雨の日は花粉の飛ぶ量が少ないからと油断していませんか?

いつも飲んでいる薬を飲まなかったり、マスクもしなかったりしてませんか?

花粉の量が減るとはいえ、雨の日でも花粉は飛んでいますので注意が必要です。

他のアレルギーが原因

カビやハウスダストによるアレルギーは、花粉症と症状が似ているため、貴方のアレルギーはそもそも花粉症では無いかもしれません。

雨の日は室内で過ごす時間が増えるでしょうし、湿度が高くなるとカビが繁殖しやすくなりますので、これを吸い込むことによりアレルギー反応が出ている可能性があります。

スポンサードリンク

気のせい?

なんだそりゃ?と思うかもしれませんが、意外とこんな可能性もあります。

花粉症のアレルギー反応は、花粉を吸いこんでからすぐ出るとは限りません。

前日に吸い込んだ花粉のせいで、翌日に症状がひどくなる場合もあり、その日がたまたま雨だったら?

雨の日に症状がひどくなると、「今日は雨なのにどうして?」と特に印象に残ったりしますからね。

「雨の日になると必ず症状がひどくなる」のでなければ疑ってみてください。

雨の日の花粉対策

まずは本当に雨が原因なのかを確かめてみましょう。

まず第一に、雨の日でも普段通りの花粉対策をおこないましょう。

単なる油断が原因ならこれで解決するはずです。

それでも毎回、雨の日に症状が悪化するようなら医師に相談することをおススメします。

花粉症の場合アレルギーの出方や、症状、薬による副作用など、個人差が激しいので簡単に判断するのがむずかしいです。

気圧の低下が原因なのか、他のアレルギーがあるのか、医師に相談しあなたにあった薬を処方してもらうなどの対応をしてもらうのが良いでしょう。

因みに一年中症状が出ている場合は、スギ以外の複数の花粉アレルギーや、他のカビやハウスダストによるアレルギーの可能性が高いので、なおさら医師の判断を仰ぐ方が確実です。

まとめ

結局雨の日の花粉対策は、医師だのみのようになってしまいましたが、症状がひどいのに自分で解決できなければしかたないですね。

ただし単なる気のせいや、油断である事も珍しくありません。

まずは自分の状況をしっかりチェックして、医師にもしっかり状況を説明できるようにしておきましょうね。

なびちゃん
ちゃんと説明できないと、お医者さんも困っちゃうよね
スポンサードリンク

おススメ記事