春先はスギ花粉が多く飛ぶため、花粉症の人にとっては一番つらい時期となりますね。

特に東京、関東でのピーク時を調べてみました。

花粉の状況を確認できるサイトも紹介していますので参考にしてくださいね。

なびちゃん
花粉症はつらいよね
スポンサードリンク

スギ花粉の東京でのピーク

東京を含む関東地方でのスギ花粉は、ほぼ一年中飛んでいるのですが、その量が増えるのは春先となります。

2月に入ると飛散量が増え始め、5月下旬から6月上旬ごろに落ち着いてきます。

東京周辺でのピークは2月下旬から4月下旬ごろになります。

スギ花粉の飛散量や時期は、前年の天候などによって多少変化しますが、目安として覚えておくと良いでしょう。

また関東地方で花粉が飛ぶピークは、他の地域に比べて長めなので、花粉症に苦しむ人にとってはつらいですね。

スギ花粉の各地でのピーク

全国的に見るとスギの木が少ない、北海道、沖縄以外は、やはり春先に多く飛んでいます。

各地域での花粉のピーク
地域 花粉のピーク
東北 2月下旬~4月中旬
中部 2月下旬~3月中旬
中四国・近畿 2月下旬~3月下旬
九州 2月中旬~3月中旬

かなりザックリとした時期ですが目安にはなると思います。

スポンサードリンク

管理人も花粉症で症状は軽めなのですが、やはり花粉量の多い日はくしゃみと頭痛に苦しみます。

なのでリアルタイムで花粉の状況を知りたいときは、環境省の花粉観測システムをチェックするようにしています。

環境省花粉観測システム(はなこさん)

日本全国の花粉状況が、毎時35分ごろに更新されているのでよく利用しています。

スギ花粉による症状の特徴

一般的にスギ花粉による症状は、くしゃみ、鼻水と言われており、風邪の症状に似ているため自分が花粉症だと気がつかない事もあります。

これに対してヒノキの花粉は、目のかゆみや涙が止まらないと症状が出ると言われています。

ヒノキの花粉が飛ぶ時期は、スギ花粉のピークが過ぎたころから始まるので、花粉症の症状が長引くと感じる人はヒノキの花粉にも反応していることが考えられますね。

あまりにも症状がひどいようなら、病院に行くことをおススメします。

花粉症の根本的な治療方法が無いため対処療法となりますが、生活に支障をきたすようなら無理は禁物です。

まとめ

スギ花粉は花粉症を引き起こす代表的なものですので、飛散の時期や量には注意を払っておく必要がありますね。

朝出かける前にテレビの花粉情報などで確認しているとは思いますが、「はなこさん」も便利なので利用してみて下さい。

なびちゃん
花粉のチェックも怠りなくしてね
スポンサードリンク

おススメ記事