こどもの日にはこいのぼりを揚げますが、その由来を知ってますか?
また、揚げる匹数や、揚げておく期間は決まっているのでしょうか?

スポンサードリンク

こどもの日にこいのぼりを揚げる由来は?

奈良時代から武家では端午の節句に鎧兜を飾ったり、幟(のぼり)を立てたりしていました。
江戸時代に入ると庶民の間でも吹流しなどを揚げるようになり、その後中国の故事にならい吹流しに鯉の絵を描くようになったそうです。

中国の故事とは、鯉が竜門の滝を登ると龍になるという伝説です。
ここから「わが子が丈夫で、将来出世するように」という願いをこめて、こいのぼりとして揚げられる様になりました。

こどもの日に揚げるこいのぼりは何匹?

最初は黒い真鯉のみでしたが、明治期から緋鯉を加え二匹揚げられるようになり、昭和期からは青い子供の鯉が加えられるようになりました。

スポンサードリンク

最近では女の子も含め、家族の人数分揚げたりする地方もあるようですね。
それに伴い鯉の色も増え、カラフルな色のこいのぼりもたくさん売られています。

因みにこいのぼりは、大きいものを上に、下に行くに従って小さいものを揚げ、後から追加するものは、少し小ぶりなものを下に揚げて行きます。

家族が増えるたびに、こいのぼりが増えていくのも賑やかで良いですよね。

こいのぼりはいつごろ出して、いつごろ片付ける?

内飾りである鎧兜や五月人形と同様、揚げておく期間に厳密なきまりはありませんので、お住まいの地方や家での決まりごとが無ければ、各ご家庭の事情で決めると良いでしょう。

大体4月中旬~5月の連休明けころまでが一般的ですね。

最後に

最近では住宅事情のせいで、あまり大きなこいのぼりを揚げている所を見る機会が減ってきましたね。
少し残念ですが、これも時代の流れで仕方ないのかもしれません。

いずれにしろ、お子さんにとって良い思い出となるよう、端午の節句を祝ってあげたいものですね。

スポンサードリンク

おススメ記事