少し懐かしめの定番クリスマスソングを、洋楽に絞って5曲ピックアップしてみました。

多少、管理人の趣味が入ってます^^;

なびちゃん
クリスマスだしやっぱり洋楽の方がいいかな?
スポンサードリンク

Last Christmas/Wham!


ラストクリスマス/ワム

洋楽のクリスマスソングで真っ先に思い浮かぶのは、やはりこの曲でしょうか。

失恋をテーマにした曲で、1984年のクリスマスに合わせてリリースされ、日本でも大ヒットしました。
オリコンの洋楽シングルチャートでは通算30週で1位を取っており、これは最長記録となっています。

日本のみならず世界中でカバーされ、愛され続けている曲ですね。

All I Want For Christmas Is You/Maraiah Carey


恋人たちのクリスマス/マライア・キャリー

原題を訳すと「クリスマスに欲しいのはあなただけ」となり、邦題とはニュアンスが異なりますね。

この曲は1994年にリリースされたアルバム「Merry Christmas」に収録されており、日本では「The Ones」というベストアルバムでボーナストラックとなっています。

因みにこの「The Ones」は、日本で最も売り上げ枚数の多い洋楽アルバムとなっています。

この曲も世界中でヒットしており、クリスマスソングの定番として愛されていますね。

Wonderful Christmas Time/Paul McCartney


ワンダフル・クリスマス・タイム/ポール・マッカートニー

1979年にシングルでリリースされた楽曲。

詩の内容は「素敵なクリスマスを楽しもうよ」と言う明るく楽しげなもので、曲の方もシンプルなアレンジながらポールのセンスが光る曲だと思います。
因みに演奏も彼自身がすべて担当しています。

そんなにヒットした曲ではありませんが、一時は日本でも結構耳にすることが多かったですね。

最近はほとんど聞かれなくなりましたが、ちょっと懐かしい曲なので取り上げてみました^^

それからリンクのCDはオムニバスで、Last Christmas、Do They Know It’s Christmas、White Christmasも入っています。

スポンサードリンク

Do They Know It’s Christmas/Band Aid


ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス/バンド・エイド

1984年にイギリスのトップミュージシャン達が集まり、エチオピア飢餓救済の目的でリリースされたチャリティー企画での曲です。

なのでこのバンド・エイドとはグループ名ではなくて、企画名、ユニット名ですね。

この企画をきっかけにチャリティーブームが起こり、アメリカではUSA FOR AFRICAの「We Are The World」が作られています。

クリスマスがテーマの曲ではありますが、チャリティー目的の曲の為か、詩の内容は決して明るく楽しいものではありません。

この曲も最近は聞かれなくなっちゃいました^^;

White Christmas/Bing Crosby


ホワイト・クリスマス/ビング・クロスビー

クリスマスソングの古典的名曲で、世界中で最も有名なクリスマスソングの一つですね。

1942年「スイング・ホテル」と言う映画の中で使われた曲で、同年レコードもリリースされています。
1954年にはビング・クロスビー主演で、同名タイトルの映画の中でも使われています。

このころはレコードの売り上げ枚数の管理やデータが不足しているので、ハッキリとしていないらしいのですが、シングル盤は全世界で5,000万枚の売り上げがあると言われ、最高売り上げ枚数であるようです。

因みに山下達郎の「クリスマス・イヴ」のシングルCD2曲目に収録されているので、聞いたことがある方も多いはず。

当然のごとく多くのアーティストのカバー曲も存在します。

5,60代以上の方には、お馴染みのクリスマスソングですね。

Jingle Bells


ジングルベル

ベスト5と言いながらもう1曲^^;

子供にとってのクリスマスソングは、この「ジングルベル」、「赤鼻のトナカイ」などなど~まだいっぱいありますね^^

曲自体は1857年に作られたもので、なんだかんだ言って世界一有名で、多くの人に歌われているのはこの曲なんでは?

ちなみにこのCDもオムニバスです。

まとめ

懐かしいところから5曲選んでみました。

でもクリスマスソングって、聞くと本当に幸せな気分になるのは何故なんでしょう?

今年もクリスマスには、思いっきり幸せに浸ってくださいね^^

なびちゃん
いい曲がたくさんあるね!
なびちゃん
スポンサードリンク

おススメ記事